断熱化で機能や用途で間取りを集約

家を新築する時に重要になってくるのが、間取りです。

間取りはリビングやキッチン、寝室、トイレ、お風呂などを区画化して、それぞれの用途を満たすための専門の部屋割です。ただ区切って分けると一部屋が狭くて息苦しくなりすぎたり、一々その部屋を変わる必要があり、しかもエアコンなどの空調が各部屋設置代と個別の電気代を払わなければいけないので、結果的に無駄と損をしてる割に、狭くて息苦しいという不利益な面だけがクローズアップしてきます。この悩みを解決できるのが自宅の高断熱化です。従来であれば大きな部屋を作ると電気代がかかりましたが、高断熱化することで、例えば一つの部屋にキッチン、ダイニング、リビングなどを集約させ、広い空間を作ることで住む人に圧迫感を与えず、尚且つ、空調機器一つで大きな部屋を快適にさせ、電気代も削減できる。まさに理想を絵に描いている様な家造りを考えることが出来るのです。今まで色々な制約があった家の間取りも家の高断熱化を導入することで一挙に実現できます。