断熱効果がないと家の中は温度差がでる

極寒の真冬は身体が痛いくらい寒いので自宅の暖房を強くきかせて、家の中に閉じこもることはありませんか。

出来ればエアコンのきいた部屋でこたつにずっと入っていたいと思いませんか。

家にいると、たまに暖房がきいている温かい部屋を離れて、玄関に通販の受取や、トイレ、お風呂、台所など別室に行く必要があります。その時部屋から出ると屋外並みの寒さです。

元々断熱設備が整っていない家では、暖房があるリビング以外の玄関、トイレ、お風呂場、台所、廊下などを全部温めようとすると膨大なコスト、電気代がかかります。

全部の部屋に暖房設備を置くなど現実的ではありません。

ただ問題は暖房のあるリビングから、暖房のない部屋へ移動すると真冬では約20度近く温度が違う場合があるのです。これだけ温度差があると、お年寄りや、身体が弱い人は、急激な温度の変化で体調を悪化させるかもしれません。普段健康な人でも、何度も行ききしているうちに体調を崩すかもしれません。このようなことにならないように家の外回に断熱材を設置することをおすすめします。断熱材が家の外回りをカバーしてくれれば、急激な温度差によってご家族の健康を損なうことも減ります。是非断熱材を設置して頂きご家族の健康を守りましょう。