雨漏りは断熱材に不具合をおこす

梅雨や台風や季節の変わり目など、大雨が降った時などは、雨漏りが心配なことはありませんか。雨漏りが問題なのは、住人や家具が濡れるからだけではないのです。大雨が降った時に、雨水が自宅の内部に侵入すると断熱材に対して問題をおこすからなのです。雨水が自宅に入ると屋根、天井、壁、床などに取り付けてある断熱材を濡らします。断熱材は室内の温度を外気から遮断してくれています。

もしこの断熱材が雨水によって濡れたままの状態でいるとどうなるでしょう。

まず水を大量に含むとその重みで、断熱材はずれるか、そのまま下へ落ちてしまいます。
例え、そのままの状態だったとしても、乾かさない限り、水分が蒸発する事がないので、カビや木材部の腐れを引きおこしてしまいます。自宅の断熱材が濡れるとこのような事になり、さらに夏はあつく、冬はさむくなり断熱効果がなくなることになります。このように雨漏りは断熱材に対してさまざまな不具合をおこす可能性があるので十分に注意してください。